YJFX!(外貨ex)

YJFX!のMT4の特徴は?登録から詳しい使い方まで徹底紹介!

この記事は、

YJFX!のMT4の「特徴~使い方」を理解できる記事となっています。

困った男子
困った男子
  • YJFX!のMT4ってどんな特徴があるの?
  • YJFX!のMT4を使ってみたいけど、注意点とかあるのかな?
  • YJFX!でMT4を使う方法がイマイチわからないなぁ

こんな悩みがある人は、この記事で悩みを解決できます。

記事の内容
  • YJFX!はMT4が使える
  • YJFX!のMT4の特徴
  • YJFX!のMT4を使う時の注意点
  • YJFX!のMT4の使い方(準備編)
  • YJFX!のMT4の使い方(実技編)
投資の先生
投資の先生

初心者の方でも理解できるよう、優しく解説していきます。

スポンサーリンク

YJFX!はMT4が使える

YJFX!では、高機能チャートツール「MT4」を使用することができます。

国内のFX会社でMT4が使用できる会社は少ないですが、YJFX!に口座開設することで、MT4を無料で使用することが可能になります。

なぜ国内のFX会社のほとんどがMT4を使えないの?

MT4を提供する場合は、たくさんの規則やルールがあるため、提供するFXにとってコストが高くなってしまうのです。

また、FX会社でMT4を提供する場合は、MT4を開発しているロシアの会社「MetaQuotes社」に手数料を払う必要があるのです。

以上の理由から、多くのFX会社は独自のチャートツールを提供しているのです。

YJFX!のMT4の特徴

YJFX!のMT4には、4つの特徴があります。

順番に特徴の詳細を確認していきましょう。

YJFX!のオリジナルインジケーターを使用できる

YJFX!のMT4は、「YJFX!オリジナルインディケーター」を使用することができます。

YJFX!のオリジナルインディケーターとは、

通常のMT4には入っていないYJFX!のMT4だけで使えるオリジナルのインジケーターです。

使用するインジケーターで、勝率や収益に大きな影響が出るため、オリジナルのインジケーターを試すことができるのはありがたいですね。

YJFX!のオリジナルインジケーターにはどんなものがあるのか?

YJFX!のオリジナルインジケーターは以下の10種類があります。

トレンドフォロー系

  • Searching for a break point&trend band
  • YJFX inc_trendbelt
  • Trend Countdown
  • ATR_Break
  • HA_Pivot
  • HLbands_trend
  • trend_assistance

オシレーター系

  • YJFX inc_Slide_Oscillator
  • YJFX inc_Stochastic_bands
  • bands_Alert

オリジナルインジケーターの詳細は、YJFX!の公式サイトから確認できます。

パソコン専用

YJFX!のMT4チャートは、パソコン専用です。

スマホやタブレットでは使用できないので注意しましょう。

発注機能がない

YJFX!のMT4には発注機能がありません。

完全なチャート分析専用ツールです。

実際に注文を入れる場合は、YJFXの取引ツール「外貨ex」もしくは「Cymo」を使用して取引する必要があります。

自動売買ができない

YJFX!のMT4は、自動売買をすることができません。

もしもMT4で自動売買をしたい人は、他社の提供するMT4を使用しましょう。

YJFX!のMT4を使う時の注意点

YJFX!のMT4を使う際は、3つの注意点を理解しておきましょう。

デモ口座はMT4を使えない

YJFX!は、リアルトレードの口座開設が必須になります。

デモトレードに登録してもYJFX!のMT4は使用できないので、注意しましょう。

公式サイトからのダウンロードが必要

YJFX!のMT4を使用するには、YJFX!公式サイトのMT4をダウンロードする必要があります。

他業者のMT4では、使用できないので注意しましょう。

使用期限あり

YJFX!のMT4アカウントは、

最終ログインから30日間ログインがないとアカウントが削除されてしまします。

もし、30日間ログインしない場合は、再度アカウント登録をしてからログインすることができます。

また、YJFX!の口座自体は自身で解約しない限り削除されることはないのでご安心ください。

YJFX! MT4の使い方(準備編)

YJFX!を使う方法を紹介していきます。

まずは、口座開設~MT4をダウンロードする方法を紹介していきます。

口座開設をする

YJFX!のMT4を使うには、口座開設が必要です。

無料で口座開設が可能なので、開設しておきましょう。

«「YJFX!」の口座開設をする(外部リンク)

投資の先生
投資の先生

口座開設完了まで、1~3日程度かかります。

この間にデモ取引で「YJFX!」の取引ツールの練習をしておくのもオススメですよ。

MT4チャート専用アカウントを取得する

YJFX!の口座開設が完了したら、公式サイト からMT4チャートのアカウントを取得しましょう。

「YJFX! MT4アカウント」取得の手順

①YJFX!にログインする

②「投資ツール」内の「MT4チャート」をクリック

③アカウント登録をクリック

すぐにアカウントの登録が完了します。

ログインIDとパスワードは、忘れないようにメモしておきましょう。

YJFX!専用のMT4チャートをダウンロードする

YJFX!のMT4チャートのアカウント登録が完了したら、YJFX!専用のMT4チャートをダウンロードしましょう。

手順は以下の通りです。

【1.ダウンロードをクリックする】

ダウンロードは、先ほどアカウント情報の下の「ダウンロード」をクリックします。

【2.「mt4cahart.exe」をクリックしてダウンロード】

※こちらは、Googleクロームからダウンロードする場合です。インターネットブラウザによっては、表示が異なります。

【3.アプリのデバイスの変更を許可する】

「はい」をクリックして、デバイス変更を許可します。

【4.同意分をよく読んで「次へ」をクリック】

【5.セットアップ完了まで待つ】

セットアップ完了まで、何もいじる必要はありません。

【6.セットアップ完了】

こちらの画面が表示されたら、ダウンロードが完了です。

「完了」をクリックしてください。

「完了」をクリックすると、MT4の画面が表示されます。

※表示まで少し時間がかかります。

以下の画面は削除しよう

YJFX!のセットアップが完了すると「MQ5」のwebサイトが表示されます。

こちらの画面は、MT4とは関係ありませんので「×」ボタンで削除しておきましょう。

【7.取引サーバーの選択】

ここからは、MT4の画面になります。

取引サーバーの選択画面です。

YJFX!のMT4の場合は、そのまま「次へ」をクリックしましょう。

【8.アカウント情報の入力】

「既存のアカウント」を選択して、先ほど取得したYJFX!の「ログインID」と「パスワード」を入力しましょう。

入力が完了したら、「次へ」をクリックします。

【9.もう一度ログインIDとパスワードを入力する】

先ほど入力したYJFX!のログインIDとパスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。

【10.YJFX!のMT4が表示される】

画像のようにYJFX!のMT4が表示されれば、MT4のログインが完了です。

2回目のログイン方法

2回目にログインする場合は、デスクトップ画面に追加された「YJFX! MT4 Chart」をダブルクリックすることでYJFX!のMT4画面にログインすることが可能です。

YJFX! MT4の使い方(実技編)

YJFX!のMT4の具体的な使い方を解説していきます。

5つのエリアを理解する

まずは、MT4を使う上で理解しておく5つのエリアを紹介します。

MT4は、5つのエリアに分けることで操作方法を覚えやすくなるので、是非覚えてくださいね。

5つのエリアは、以下の画像の通りです。

MT4は、画像のように5つのエリアが存在します。

各エリアの役割は、以下の通りです。

  • 「ツールバー」:ツールバーはチャートに関わるカスタマイズをすることが可能なエリアです。
  • 「気配値」:気配値は通貨ペアの為替レートの確認やチャートに表示する通貨ペアの選択ができるエリアです。
  • 「ナビゲーター」:ナビゲーターでは、インジケーターをチャートに反映させることができるエリアです。
  • 「チャート画面」:チャート画面を表示させるエリアです。
  • 「ターミナル」:ポジションやお知らせ・取引履歴を表示できるエリアです。

YJFX!のMT4は、発注機能がないため「ターミナル」は基本的に使用しません。

チャートの表示方法

次は、チャートの表示方法について覚えていきましょう。

ログイン後すぐは、4つのチャートが表示されています。

こちらは、一度削除してしまいましょう。

チャートの削除方法は、各チャートの右上の「×」を押すことで削除できます。

チャートを表示する方法①

チャートを表示する方法は、2パターン存在します。

まずは、「ツールバー」からチャートを表示する方法を確認しましょう。

「ツールバー」の左上のアイコンをクリックします。

すると、いくつか通貨ペアが表示されます。チャートに表示させたい通貨ペアをクリックしてください。

通貨ペアは、「FOREX」内から選択することも可能です。

通貨ペアをクリックするとチャート画面に表示されます。

チャートを表示する方法②

次は、「気配値エリア」からチャートを表示させる方法を紹介します。

やり方は、とっても簡単で「気配値エリア」の通貨ペアを「チャート画面」にドラック&ドロップするだけです。

先ほどの方法より簡単にチャートを表示させることができますね。

チャートを分割する方法

複数のチャートを1つな画面に並べる方法を紹介します。

まずは、先ほど紹介した方法で4つの通貨ペアを表示していきましょう。

この4つのチャートを1画面に4分割していきます。

その場合は、「ツールバー」のやや右側に位置する「ウインドウの整列」をクリックします。

すると、4つのチャートがきれいに4分割されて、1つの画面に表示されます。

4分割から1画面に戻す方法

4分割したチャートを1つに戻すには、チャートの「最大化」をクリックすることで、1画面に戻すことができます。

表示チャートを選択する方法

1画面の時に他のチャートと切り替えたい場合は、チャート下のバーからチャートを切り替えることが可能です。

時間軸を変更する方法

時間軸を変更する場合は、「ツールバー」の下段の中央付近のボタンで変更可能です。

記号は「M=分」・「H=時間」・「D=日」・「W=週」・「MN=月」となります。

チャートの細かさを変更する方法

チャートを拡大・縮小をする場合は、「ツールバー」のズームイン・ズームアウトをクリックすることで、チャートの細かさを変更できます。

バーチャートをローソク足へ変更する

チャートを拡大すと、チャートの表示が「バーチャート」になっていることが分かります。

これを日本人に最も馴染みのある「ローソク足」へ変更しておきましょう。

ローソク足に変更するには、「ツールバー」の中央付近に位置する「ローソク足」をクリックすることで変更できます。

チャートのカラーを変更する方法

MT4では、チャートの色やローソク足の色を自由に変更することができます。

手順は、以下の通りです。

【1.チャート上で右クリック】

【2.プロパティをクリック】

【3.お好きな色に変更して「OK」をクリック】

投資の先生
投資の先生

チャートの表示については以上です。
次は、チャートの分析方法を解説していきます。

チャートの分析をする方法

チャートを分析するを方法について解説していきます。

インジケーターを表示する方法

チャート分析には、インジケーターが欠かせません。

インジケーターは、「ツールバー」の右側のボタンから表示することができます。

インジケーターは、英語表記になっているので注意しましょう。

※YJFX!のオリジナルインジケーターは、「カスタム」から選択できます。
※YJFX!のオリジナルインジケーターは、ダウンロードが必要です。

今回は、テクニカル分析の中でもメジャーな「移動平均線(Moving Average)」を表示させて見ましょう。

移動平均線はトレンド系のインジケーターなので、

「トレンド」⇒「Moving Average」から表示できます。

すると、パラメーターの設定画面が表示されます。

希望の数値やカラーを設定しましょう。

  • 期間:平均線の期間を設定します。
  • 移動平均線の種類:移動平均線にもいろいろな種類が存在します。一般的な単純移動平均線の場合は、「Simple」を選択しましょう。
  • スタイル:「カラー」・「線の種類」・「線の太さ」を選択できます。

設定が完了したら、「完了」ボタンをクリックしましょう。

すると、移動平均線がチャート上に表示されます。

他のチャートに同じインジケーターを同じ設定でコピーする方法

MT4では、今回設定したインジケーターとまったく同じ設定を他のチャートにコピーすることが可能です。

手順は以下の通りです。

チャート上で「右クリック」⇒「定型チャート」⇒「定型として保存」

覚えやすい名前でチャートの設定を保存します。

次にコピーしたいチャートの上で、

「右クリック」⇒「定型チャート」⇒先ほど保存したファイルを「クリック」。

すると保存した設定とまったく同じインジケーターをコピーすることができます。

チャートに線を引く方法

MT4に水平線やトレンドラインを引いて、チャート分析する方法を紹介します。

チャートに線を引く場合は、「ツールバー」の下段を使用します。

試しにトレンドラインを引いてみます。

こんな感じ表示することができます。

もし間違えて引いてしまった場合は、「Back Space」キーで削除することができます。

線を引いてみて、「細いな」・「見にくいな」・「色を変えたいな」と感じると思います。

そんな時は、線の編集をしましょう。

手順は以下の通りです。

チャート上で「右クリック」⇒「表示中のライン等」をクリック。

編集したいLineを「ダブルクリック」します。

「カラー」や「線の太さ」を変更し、「完了」をクリックします。

すると、線の太さ・カラーを変更することができます。

投資の先生
投資の先生

以上がYJFX!のチャート分析の方法でした。

最後にYJFX!のオリジナルインディケーターのダウンロード方法を紹介します。

オリジナルインディケーターのダウンロード方法

まずは、YJFX!公式サイトからオリジナルインジケーターをダウンロードします。

オリジナルインジケーターは、以下のリンク先からダウンロードできます。

YJFX!のオリジナルインジケーターをダウンロード(外部リンク)

今回は、「トレンドフォロー系 Searching for a break point&trend band」を例に解説していきます。

先ほどのリンク先から「ダウンロード」をクリックします。

ダウンロードが完了したら、ファイルの保存を行います。

Googleクロームの場合は、以下のように表示されたものをクリックします。

するとファイルがパソコンに保存されます。

※この画面は後から使用するので、消さずに残しておきましょう。

次は、MT4からの画面になります。

MT4の画面左上の「ファイル(F)」をクリックします。

「データフォルダを開く」をクリックします。

「MQL4」をダブルクリックします。

「Indicatars」をダブルクリックします。

ダブルクリック後、表示される画面(画像の赤枠)に先ほど残しておいた画面(画像青枠)のファイルを移動させます。

ファイルの移動は、「ドラック&ドロップ」または「コピー&ペースト」で移動できます。

移動が完了したら、MT4を再起動します。

(再起動は、画面を「×」で閉じて、もう一度ログインします。)

再起動後、「ナビゲーター」の「インディケーター」をダブルクリックします。

先ほどダウンロードした「Searching for a break point&trend band」をダブルクリックします。

チャート上にドラック&ドロップします。

※今回のインジケーターは2つで1セットなので、2回に分けてドラック&ドロップすることになります。

以下のような画面が表示されるので、「全般」をクリックします。

「DLLの使用を許可する」にチェックを入れて、「OK」をクリックする。

チャート画面にインディケーターが反映されたら、設定が完了です。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、YJFX!のMT4について詳しく解説してきました。

YJFX!では、オリジナルのインディケーターを使用できるので、他の人が使っていない手法でトレードできます。

興味のある方は、ぜひ「YJFX!」に口座開設して、MT4を使ってみて下さいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

«「YJFX!」の公式サイトを見る(外部リンク)

関連記事

【YJFX!】評判はどうなの?強みや弱み、他社との違いも徹底解説!この記事はこんな人に向けて書いています。 初めてFXを始める人にとって、FX口座選びは、損益に関わってくるのでかなり重要で...
YJFXの評価はどうなの?実際に使用した人の口コミを大公開! そんな悩みを解決できるのが、使用歴のある人の口コミ・評価です。 この記事では、当サイトが集めたYJFXの口コミ・評判を全て...
JFXのMT4の特徴は?普通のMT4との違いも分かりやすく紹介MT4は、海外で人気の高機能チャート分析ツールです。JFXに口座開設することで、このMT4が使用可能になります。さらに、JFXのMT4は通常のMT4と少し仕様が異なるのです。この記事では、JFXのMT4の特徴や口座開設方法をわかりやすく解説していきます。...

スポンサーリンク




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA