FX 体験談

【FX体験談】チャートを見すぎて失敗。成功のコツは環境認識!?

私は、50代男性で、自営業をしています。

FX歴は丸4年、はじめは少ない資金で運用できる海外FX業者を利用していました。

私がFXを始めたきっかけ

そもそも私がFX始めたのは、YouTubeのFX生配信トレードを見たのがきっかけです。

そのころFXが何なのかぼんやりとした認識しかなかった私は、エンターテインメントとして見ていました。

コメント欄に踊る観覧者の激励、叱責などなかなか面白く平日は毎日に見るようになりました。

いつしかFX自体に興味を持つようになり本屋やネットで情報を集め、これなら自分でもできると思えるようになりFXの世界に入りました。

最初は大金をかけるのは怖かったので、少額でもトレードできるレバレッジの高い海外FX業者を利用することにしました。

チャートを見すぎて失敗した

取引スタイルは、YouTubeでみていた短期的トレードです。

さすがにスキャルピングは精神的に無理かなと思い、大きく動いた後の反転を15分足か5分足で見極めてやるデイトレードでした。

デモトレードから始めようとも思いましたが、メンタル的に実践とは違うと思い、最小取引単位の小さい口座で5万円ほどの少額で実践トレードを始めました。

最初は自分なりに決めたルールでトレードでき、勝ったり負けたりで少しづつでありましたがお金は増えていきました。

それに気をよくして大きなロットで取引するようになった瞬間、メンタルに変化が出てきました。

チャートから目が離せなくなったのです。

すると自分で決めたルールより目先の足の動きに影響され、この急な動きはロングだ、ショートだなど、いらない詮索をするようになりました。

すると途端に負けが込み始め、最初の資金5万円は1週間ほどで失いました。

振り返ってみると負けが込み始めた時にやっていたトレード手法は、当初重要視していた4時間足での環境認識を疎かにし、エントリー足の15分や5分足ばかりを見る狭い目線のトレードでした。

確かにYouTubeなどでみる生トレードは画面的に変化のない4時間以上の長期足では面白くありません。

なので1時間以下の短期足でトレードする方が多いです。

しかし、実際にトレードしている多くの人は仕事をしていたり、家事をしていたり、チャートにべったり張り付くことはできません。

専業トレーダーは長期足で環境認識をしっかりし、その日のトレード通貨を決めてから、短期足を見るようにしているようです。

最初の失敗で反省をし、今は週足・日足の環境認識でトレードすべき通貨決めてから、1時間以下の短期足を見るようにしています。

環境認識で方向性のある通貨が見つからなければ、その日のトレードは見送るようにしています。

そのおかげで少しづつではありますが、資金も増えています。

これからFXを始める人に伝えたいこと

これからはFXを始める方は、目の前のチャートの動きばかり見ないようにしてくださいと言いたいです。

成功している方はエントリーしたらチャートから目を離します。

エントリーまでの判断の成功率が何%なのか記録を取り、それに見合ったロットで資金管理をし、少しづつお金を増やしています。

動画やネットでの成功談やエンターテインメント化している生トレードでエントリー場面ばかりに目をとらわれないでください。

勝負はエントリー前の通貨選びでついています。

サイト管理人
サイト管理人

今回の体験談はここまで!
よかったら他の体験談も読んでみて下さいね。

他のFX体験談の記事はこちら

スポンサーリンク




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA