JFX(MATRIX TRADER)

JFXデモ口座の特徴を徹底解説!口座開設手順や取引方法も紹介!

悩む男性
悩む男性

FXをデモトレードから始めたいけど、デモ口座選びに迷うな。

JFXのデモ口座ってどうなの?

メリットやデメリットを詳しく教えてほしいな~

こんな悩みはこの記事ですべて解決できます。

記事の内容
  • JFXデモ口座のメリット
  • JFXデモ口座のデメリット
  • JFXデモ口座の注意点
  • JFXデモ口座の口座開設手順
  • JFXデモ口座の使い方
この記事を書いている人

サワシン

FX歴約4年。10以上のFX口座で取引歴あり。JFXは、約1年前に口座開設済みで1年近く使用しています。

FXのデモ口座を選ぶ際に、どこを選んだらいいのか迷ってしまいますよね?

筆者もFXのデモトレードを始めるときに、同じように迷っていました。

そこで今回は、JFXのデモ口座についてのメリットやデメリットを解説していきます。

この記事を読むことで、あなたがJFXのデモ口座に向いているのかどうかに加えて、口座開設の方法まで理解することが出来ますよ。

それでは、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

JFX デモ口座のメリット

JFXのデモ口座のメリットは、以下の3つです。

JFX デモ口座のメリット
  • 自由な金額でデモトレードができる
  • スマホ・タブレットにも対応している
  • 土日もデモ取引が可能

順番に解説します。

自由な金額でデモ取引ができる

JFXのデモ口座は、1円~1,000万円の範囲で取引金額を自由に設定することができます。

他社の場合は、デモ資金が300万円や500万円のように固定されている場合がほとんどです。

実際に300万円や500万円を使用することはありませんよね?

JFXの場合は、実際に自分が運用する金額に設定してデモ取引をすることが出来ます。

スマホ・タブレットに対応している

他社のデモ口座の場合、スマホやタブレット対応していない場合があります。

しかし、JFXのデモ口座はスマホ・タブレットにも対応しています。

いつでもどこでもFXの練習ができるのが、JFXのデモ口座のメリットだと言えます。

サイト管理人
サイト管理人

パソコンを持っていない人でも、練習ができますよ!

土日もデモ取引が可能

JFXのデモ口座は、土日もFXの練習ができます。

平日に忙しくて練習ができない人でも休日に時間いっぱい使って練習ができます。

土日に取引ができるデモ口座は、ほとんど存在しないのでJFXのデモ口座独自の強みだと言えるでしょう。

なお、JFXの親会社であるヒロセ通商のデモ口座でも土日のデモトレードが可能です。

本来のFXは、土日の取引ができません。

JFXのデモ口座で土日に表示されるレートは、仮想のレートになります。

仮想のレートは、勝ち負けの基準としては使えないので、注意しましょう。

サイト管理人
サイト管理人

次は、JFXのデモ口座のデメリットについて紹介します。

JFX デモ口座のデメリット

JFXのデモ口座のデメリットは、以下の2つです。

JFX デモ口座のデメリット
  • 高機能チャートMT4に非対応
  • 情報が制限されている

順番に解説していきます。

高機能チャート「MT4」に非対応

本来のJFXに口座開設すると、高機能チャート「MT4」を使用することが出来ます。

しかし、デモ口座の場合は「MT4」を使うことが出来ません。

MT4チャートとは?

MT4チャートは、海外で人気な高機能チャートツールです。

日本のFX会社では、「JFX」、「YJFX!」、「OANDA」、「FXTF」しか使用することが出来ないチャートツールです。

JFXのMT4チャートは、JFXの真骨頂だと言えるほど使いやすいチャートです。

デモ口座では、試せないのは少し残念ですね。

情報が制限される

JFXのデモ口座では、リアル口座で見られる情報が制限されています。

制限される機能は、「ニュース」や「経済指標」、「約定メール」や「MATRIXチャート」、「経済指標の通知機能」などがあります。

JFXの「ニュース配信」や「経済指標」は他社に比べて、結果が速いことがメリットですが、デモ口座で試せないのは少し残念な点であります。

サイト管理人
サイト管理人

「MT4」でチャート分析してみたい人や「ニュース配信」もチェックしたい人もいますよね?

そんな人は、デモ口座と同時にリアル口座も開設し同時に使うのもオススメです!

JFX デモ口座の注意点

JFXのデモ口座は、2つの注意点があります。

有効期限が3ヵ月

JFXのデモ口座は、有効期限が3ヵ月です。

期限が切れた場合は、取引履歴が無くなってしまうので注意しましょう。

自分の取引履歴を残しておきたい人は、ファイルで保存やご自身でメモを取っておくことが効果的です。

期限が切れた後は、再度登録が可能です。

土日のレートは仮想のレート

先ほども少し触れましたが、

JFXのデモ口座で土日に表示されるレートは、あくまでも仮想のレートです。

本来の値動きではないので、勝率計算などの参考にはならないので注意してください。

また、土日の仮想レートは、月曜日の朝にリセットされます。

平日のレートは、本番用とほとんど同じレートが表示されます。

その点はご安心ください。

以上がJFXのデモ口座の特徴でした。
次は、デモ口座の口座開設手順について解説していきますね。

JFX デモ口座開設手順

実際にJFXのデモ口座開設の手順を確認していきましょう。

登録は、1~3分程度で完了します。

口座開設から取引開始まで、以下の8ステップでカンタンに始められます。

 

1.JFX公式HPから「デモトレード」のロゴをクリックします。

引用:JFX公式HPより

2.「デモIDとPWの取得」をクリックし、デモ口座フォームへ移動します。

引用:JFX公式HPより

3.デモ登録フォームの「個人情報の取り扱い規約」を確認して、「同意しました。」に✔を入れましょう。

その後「名前(ニックネーム)」と「委託証拠金」を入力します。

引用元:JFX公式サイトより

名前は、本名じゃなくても大丈夫です。

委託証拠金は、実際に取引するときの金額を入力するのがおすすめです。

特に決めていない場合は、「10万円」程度がおすすめです。

JFXのデモ口座の「ID」・「パスワード」をメールで受け取りたい方は、メールアドレスを入力してください。

「ID」と「メールアドレス」は、登録完了後にも画面に表示されます。

4.下にスクロールすると以下の画面になります。

JFXから「サービスの情報」もしくは「キャンペーン情報」を受取りたい場合は、

「希望する」を選択します。

不要な場合は、「希望しない」を選択して、「入力内容のご確認へ」をクリックします。

引用元:JFX公式サイトより

5.確認画面が表示されます。

間違いがなければ、「入力内容を送信する」をクリックします。

引用元:JFX公式サイトより

6.登録が完了したら、「ID」と「パスワード」が表示されます。

忘れないようにメモしておきましょう。

※メールアドレスを登録した場合は、「ID」・「パスワード」がメールにて送られてきます。

引用:JFX公式HPより

7.自分に合った取引ツールをインストールする。

<パソコン版>

引用:JFX公式HPより

左の「.NET版」は、万能型の取引ツールで、FX初心者におすすめです。

中央の「新Java版」は、スピードと操作性に優れたスキャルピング特化型のツールです。

右の「Mac版」は、名前の通りMacの為に開発されたMac専用の取引ツールです。

<スマホ・タブレット版>

スマホ・タブレット版は、「App Store」や「Google Play」などのアプリストアから「JFX」で検索して、ダウンロードできます。

画面に「バーチャル」と書いてある方なので、お間違い無く。

8.デモユーザーのIDと初期パスワードを入力し、デモ取引開始。

以上がJFXのデモ口座開設方法でした。

次は、JFXデモ口座の取り引き方法を解説していきます。

JFX デモ口座の取引方法

最後は、JFXデモ口座の取り引き方法について解説します。

PC版は3つのアプリがありますが、大きく変わらないので今回は、「.NET版」の画面を使用します。

「①通常注文」・「②クイック注文」の順番で解説していきますね。

通常注文の方法

まずは、通常の注文方法を解説していきます。

指値注文や逆指値注文、OCO注文などの予約注文もこちらの方法で注文が可能です。

ここで説明する注文方法よりも次に説明する「クイック注文」の方が簡単なので、難しいと思ったらそちらをご覧ください。

通常注文は、以下の1~2の手順で注文できます。

1.注文画面を表示する。

  1. 画面左上の「売注文」・「買注文」のボタン
    もしくはその下のレートパネルの「BID」・「ASK」ボタンをクリックします。
  2. すると画面の中央付近に注文画面が表示されます。

2.注文画面を①~⑤の手順で入力し、「注文」する。

①:注文方法を選択します。決済注文を同時に入れる場合は、「OCO」や「IF-DONE」を使用します。
初心者の場合は、「通常」を選択しましょう。

②:取引通貨・売買・両建・取引数量を設定します。
売りポジションと買いポジションを同時に持ちたい場合は、両建をありにします。
初心者でよくわからない場合は、とりあえず「なし」で大丈夫です。

③:執行条件を選択します。
今のレートですぐに注文を入れる場合は、「成行」を選択します。
あるレートで注文を入れたい場合は、「指値」や「逆指値」を使いましょう。

④:そのまま注文画面を残す場合は、「注文ダイアログを残す」✔を入れます。
注文確定の確認画面が不要の場合は、「確認画面を表示する」の✔を外します。
初心者は、まず確認画面を表示するのがおすすめです。

⑤:「確認画面」を押し、確認画面から注文を確定しましょう。
「確認画面を表示する」の✔を外している場合は、「注文」ボタンに代わっています。

 

以上が通常注文の方法でした。

次は、スピードを重視した「クイック注文」の方法を紹介します。

クイック注文の方法

クイック注文は、先ほど紹介した方法よりもは速い速度で注文が可能です。

さらに、決済もワンクリックで完了します。

スキャルピングなど、今すぐに注文を入れる場合は、「クイック注文」を使用します。

クイック注文は、以下の1~2の手順で注文できます。

1.クリック注文画面を表示する。

  1. 画面左上の「クリック注文」ボタンをクリックします。
  2. 画面中央に「クリック注文画面」が表示されます。

2.注文画面を入力し、「注文」する。

  1. 通貨ペア・両建・許容スリップを設定します。
  2. 左右のボタンをクリックするだけで注文が完了します。

ここまで、注文方法を紹介してきましたが、デモ口座なのでいくら失敗しても仮想の通貨が減るだけです。

積極的にいろいろな注文を試し、リアル口座で失敗しないようにすることが重要だと言えます。

スポンサーリンク

JFX デモ口座:まとめ

JFXのデモ口座の要点は以下の通りです。

JFXのデモ口座 まとめ
  • ノーリスクでJFXのツールを体験できる
  • PC・スマホ・タブレットに対応
  • スタート資金を1~1,000万円で自由に設定可能
  • 土日も仮想レートで練習が可能
  • MT4が使えない
  • 一部機能が使えない

JFXのデモ口座は、スマホ・タブレットに対応しているので、外出先でもFXの練習ができます。

また、土日も練習できるので、忙しい会社員にピッタリのデモ口座です。

これからFXを始めてみたい方や今使っているFX口座に不満がある方は、簡単に口座開設できるので試しにデモ取引してみたはいかがでしょうか?

\最短1分で無料登録完了!/

デモ口座はこちらから

 

\約5分で無料登録登録完了!/

本番用はこちら

JFXの関連記事はこちらから

スポンサーリンク




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA