FX 基礎

【超初心者向け】FXのスプレッドとは何なのか?【簡単にわかります】

「FXのスプレッドっていったい何なの?」

「FXのスプレッドについて、よくわからない!」

このような悩みを解決できます。

記事で学べる事
  • FXのスプレッドとは何なのか
  • FXのスプレッドの基礎的な知識
  • スプレッドの重要性

 

FXを始めるうえで、「スプレッド」を理解することは、必須となります。

この記事では、FX初心者でもかんたんに理解できるように、「スプレッドについて」解説していきます。

シン
シン

FXサイトの運営者で、FX歴4年の元専業トレーダーが解説するよ!
では、早速見ていきましょう!

FX スプレッドとは?

スプレッドとは、売値と買値の差額のことです。

上の画像では、0.2銭がスプレッドになります。

スプレッドは、FXの実質的な手数料(取引コスト)になるので、出来るだけ狭い方(数値の低い方)が取引するうえで有利になります。

 

FX取引は売値と買値が異なる

FXは、売値と買値が異なるので、買ってすぐに売った場合は、少し損失が出ることになります。

上の画像を見ると、売値(Bid)が100.000円買値が100.002円になっています。

1ドル買うのに100.002円掛かるが、1ドル売ると100.000円しか返ってこないことになります。

例えば、1,000ドル買った場合は、100,002円支払う必要があります。

そして、すぐに1,000ドル売ると100,000円帰ってくるので、2円の損失になります。

その2円分がFX会社の収益となり、我々の実質的な手数料となっています。

 

スプレッドが狭い=手数料が安い

FXの単位は『銭』と『pips』の2種類

上の画像のようにFXで使用する単位は、『銭』と『pips』の2種類が使われます。

「1銭=1pips」で、意味合いもほとんど同じです。

では、細かい違いを見ていきましょう。

『銭』単位について

外貨/円の取引の場合に『銭』という単位が使われます。

例)米ドル/円・ユーロ/円・豪ドル/円 など

『USD/JPY(米ドル/円)のレートが、「100.000円⇒100.010円」になった場合は、1銭の上昇』ということになります。

 

『pips』単位について

『pips』という単位は、「外貨/外貨」と「外貨/円」の取引の両方で使用します。

例)米ドル/円・ユーロ/円・ユーロ/米ドル・米ドル/豪ドル などすべての通貨

『EUR/USD(ユーロ/米ドル)のレートが、「125.000ドル⇒125.015ドル」になった場合は、1.5pipsの上昇』ということができます。

 

FXで利益を得た場合は、「○○円の利益」という人もいれば、「○○pipsの利益」という人もいるので、覚えておくとよいでしょう。

スプレッドの重要性は?

先ほど説明した通り、スプレッドは、実質の手数料です。

少ない金額で取引した場合は、数円しか変わりませんが、大きな金額で取引したり、1日に何回でも取引する人(スキャルパー)には、かなり大きな金額になります。

少額でも1年を通せば、結構大きな金額になってしまうんですよ。

 

実際に、米ドル/円の0.2銭と0.3銭の場合だと、どれくらいの金額が変わるのか比較していきましょう。

10万通貨取引した場合(必要証拠金:約45万円程度)

今回は、10万通貨で1,000回取引を行った場合で検証していきます。

(10万通貨は、10万ドル。日本円では、約1050万円分の取引)

●0.2銭で取引する場合

1回の取引コストは、200円掛かる(10万通貨あたり)ことになる

200(円)×1,000(回)=200,000円

●0.3銭で取引する場合

1回の取引コストは、300円掛かる(10万通貨あたり)ことになる

300(円)×1,000(回)=300,000円

 

差額 300,000円ー200,000円=100,000円

1,000回の取引で10万円の差が出ることになります。

やはり、スプレッドは大切だと言えますね。

スプレッドは『変動』と『原則固定』の2種類

スプレッドは、『変動制スプレッド』『原則固定スプレッド』の2種類が存在しています。

上の画像は、スプレッドが原則固定のスプレッドの表示です。

1つずつ解説していきます。

変動制スプレッド

変動制は、スプレッドが常に変動するスプレッドです。

日本のFX会社は、『変動制スプレッド』の方が少ないです。

 

原則固定スプレッド

原則固定は、スプレッドが原則として、決められた数値になります。

日本のFX会社は、原則固定を採用している場合がほとんどです。

あくまでも、原則固定なので、時間帯や状況によってはスプレッドが広くなります。

次の章では、『原則固定スプレッドが広がりやすいタイミング』を紹介していきます。

スプレッドが広がるタイミング

スプレッドは以下のタイミングで広がりやすくなります。

スプレッドが広がりやすいタイミング
  • 日本時間の早朝(6:00~8:00時頃まで)
  • 経済指標発表時前後
  • 各国の祝祭日(年末年始・クリスマス など)
  • 「大きな災害時」や「戦争やデモなどの予想外の出来事発生時」

この時間帯には、取引を控えるのが無難です。

まとめ:スプレッドとは、実質の手数料

スプレッドについてまとめておきます。

FXスプレッドについて まとめ
  • スプレッドは、売値と買値の差額
  • 「取引回数が多い人」・「金額が大きい人」は特に重要
  • 単位は、『銭』と『pips』
  • スプレッドは、「早朝」・「指標前後」・「祝祭日」・「予想外の災害やニュース」で広がりやすいので注意

以上です。

 

スプレッドは、基本的に狭ければ狭いほど有利に取引できます。

FX口座選びの際は、「ツールの使いやすさ」や「サポートの充実性」なども重要になりますが、今回解説した『スプレッド』も口座選びの要素として重要にするべきだと言えます。

 

皆様が、自分にピッタリのFX口座を選べる事を心から祈っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スプレッドが狭いオススメのFX口座

この記事を書いた人
サワシン
投資が大好きなブロガー25歳です。 FXで稼ぎ23歳で脱サラしました。 現在は、不動産投資・仮想通貨・FXとブログで生計を立てています。 資産運用が得意。 2級FP技能士(ファイナンシャルプランナー)の資格も持ってます。

スポンサーリンク




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA